脱毛歴13年の記者が体験レポート、メンズTBCヒゲ永久脱毛1000円コース

  • 2019.04.14
  • 2019.04.17
  • 1904views
脱毛歴13年の記者が体験レポート、メンズTBCヒゲ永久脱毛1000円コース

目次

脱モウ先生装飾

MEN'S TBC ヒゲ脱毛体験コース(1,000円)の内容

今回体験してきたのは、メンズTBCで提供している「ヒゲ脱毛 体験コース」です。
1000円払うと、美容電気脱毛で150本のヒゲを処理してもらえます。

「150本って、どれくらいなんだろう?」と疑問に感じますが、およそ500円玉くらいの面積だと思ってよさそうです。(※ヒゲの密度によって個人差あり)

本数が限られていること以外は通常の施術と同じで、Web予約、店舗での受付、カウンセリング、施術、という流れ。
「鼻の下」「左右の口角」など、処理する部位の希望もちゃんとできます。

体験して、施術内容に問題がなく、もっと続けたい!と感じたら改めて通常のコースへ申し込む形。
「解約手続きをしないと自動更新される」「スタッフに粘られて本契約を迫られる」といった詐欺的な商法ではなく、純粋に体験版なので安心してください。
今どき大手がそんなことしてたら、SNSで即炎上して株主が激おこですからね…。

ちなみに、美容電気脱毛のことを「ニードル脱毛」「電気針脱毛」と呼ぶ人もいます。
ニードル・針と聞けばまるで注射のようなイメージですが、実際は毛穴に細い電極(プローブ)を挿入して高周波を流すだけで、ブスリと針を刺すわけではありません。
見た目や言葉の響きから誤解されやすいので、メンズTBCでは「スーパー脱毛」という表現に統一しているようですね。

脱モウ先生装飾

予約~施術終了までの流れ

①Web予約

公式サイトから予約できます。

予約フォームの作りは非常に親切で洗練されています。さすが大手。
名前や電話番号以外はプルダウンで選択していく方式です。

スマホの場合、希望する店舗を選んで検索するとカレンダー表記で空き状況が表示され、時間帯を選んで連絡先を登録したら完了。
電車やバスの待ち時間でも余裕で終わるでしょう。

ここで注意点!
当日は、脱毛する場所の毛を1mmは伸ばして行く必要があります。

毛穴を1つずつ手作業で処理しますから、毛が伸びてないと毛穴の位置がわからず、うまくプローブを挿入できません。

せっかく出向いたのに「今日は無理ですね」と追い返されたらテンションだだ下がりになりますので、伸ばしていけるように日程を考えて予約を入れましょう。
例えば金曜の朝にヒゲを剃った後、伸ばしたままで土日に店舗へ行くようなイメージです。

②リマインダー

予約完了時と、予約日が近づいたタイミングでお知らせメールが来ます。

変更やキャンセルはWebから可能で、案内メールにもリンクがありました。

このサイトを見ている熱心な方なら大丈夫と思いますが、都合が悪くなってもすっぽかすのは絶対にやめましょう。

無断キャンセルなど悪質なユーザーが増えると、収益悪化で体験コース自体が受付終了したり、振込での前金制になったりと、得することは一切ありません。
予約時に振込必須とか不便すぎますからね(実際そういうお店もありますけど…)。

③当日受付・問診票記入

店舗へ行って受付します。
この日、予約したのは渋谷店。
ディズニーストアの隣にあります。

タブレットを渡され、問診票とアンケートを待合室で入力。
特に珍しい内容ではありません。

男性専門店なので、女性と同じ部屋で居心地の悪い思いをすることはありませんでした。

④カウンセリング(1)

カウンセリングは施術の前後2回あります。

1回めは、美容電気脱毛(メンズTBCではスーパー脱毛と呼ぶ)の仕組みや注意点について説明と、希望する施術についてのヒアリングです。

カウンセラーさんの説明は丁寧で、資料もたいへん良くできています。
筆者は1年間に20回くらい、あちこち取材で同様の説明を受けていますが、資料や話法のわかりやすさではメンズTBCが一番ではないかと思いました(宣伝抜きで)。

トークスクリプトを丸暗記してだだだーっと垂れ流すのではなく、こちらと対話をして理解度を確認しながら進んでいくので安心感があります。
資料やモニターに目を落としたまま早口で読み上げるお店も結構あって、あれだと初学者には結構きついと思うんですよね。

仕組みについてはネットでも散々解説されていますから、正直もう改善の余地なんかないほど最適化されてるんじゃないかと思うのですが、メンズTBCの資料はそれ以上によく練られていて、こういうとこはさすが大手ですね。
感動したので「バインダーの資料ください!」とお願いしてみましたが社外秘だそうで、パンフレットで我慢することに。

美容電気脱毛の原理や注意については当サイトの記事でも詳しく解説していますので、ざっと目を通して予習していただければ当日の説明もすんなり頭に入ってくるはずです。

一回の施術では終わらない理由と「毛周期」という言葉は、初めて聞くと理解するのに時間がかかるので、ぜひ知っておいてください。

美容電気脱毛の仕組み

永久脱毛の特長は肌がツルツルになることですが、元通りに戻すのは難しく、場合によってはそれが欠点になります。
ご自身のニーズと照らして脱毛する範囲や程度を考えておきましょう。

ヒアリングが終われば、施術室へ移動します。

⑤脱毛施術

個室でベッドに寝て、あとはスタッフの方に身を委ねます。
この日はカウンセリングと同じ方がそのまま施術もしてくれました。

ベッド脇にある機械には本数を数えるカウンターがあって、「150」と表示されています。
1本処理するごとにこれが減っていき、0になったらおしまいの「本数制」です。
お店によっては時間制だったり部位制だったりして、この辺は個性が出るところですね。
だからこそ選ぶのは大変なのですが…。

ここからはアイマスクをするため、周囲の様子を見て知ることはできません。
ゴソゴソという音が続くとちょっとだけ緊張します。

筆者は何年も前に、別のエステサロンで電気脱毛を経験したことがあります。
その時はあまりの痛さに途中で逃げ出し、もう二度と電気脱毛はやらない!と心に決めていたのです。
以後はもっぱら、病院でのレーザー脱毛ばかり受けてきました。

今回は仕事ということで内心嫌々ここまで出向いたわけですが、ベッドに横になると頭の中は後悔でいっぱいです。
ああ…なぜこの仕事を引き受けたのか…生活のためとはいえ…これからあの地獄が始まる…。

スタッフ:
「では始めていきますね~」

無情にも刑の執行が言い渡され、ピッという電子音が鳴ります。
チクッ。

スタッフ:
「お痛み、いかがですか~?」

へっ?
あれ、今の「チクッ」で終わり?

記者:
「いえ、別に痛くなかったんですけど…」

スタッフ:
「そうですか? では続けていきますね~」

チクッ。チクッ。

おやあ…?
あんまり痛くない!?

記憶の中での電気脱毛はもっと、ジュワ~~~と焼きごてを当てられるようなイメージで、1本ごとに時間がかかっていた気がします。
それが今回は、毛抜きでヒゲを抜くような、ちょっと涙目になるくらいのチクチクさ加減。
全然余裕なんですけど!?

スタッフ:
「はい、お疲れ様でした~」

途中、こまめに痛みについて尋ねられながら、150本の施術に要した時間は15分くらいでしょうか。
目隠しされたままじっとしているのはちょっと退屈ですが、個人的な体感では医療レーザー脱毛よりもかなり楽です。

「脱毛の痛み」の正体は毛根を熱変性させる際の「ヤケドの痛み」ですが、医療レーザーだと広い「面」に照射するので一気に複数の毛根が焼け、本数に比例して痛みの総量が大きくなります。
それに対してスーパー脱毛は、毛穴にプローブを入れて1本ずつ処理する方式ですから、1回につき毛穴1個分の痛みでしかありません。

とは言え、1本ごとにジュワ~~~とやられるのは相当きつい…と冷や汗が出ていたのですが。

スタッフ:
「ジュワ~~となるのは、多分『ブレンド法』かと思います」

ブレンド法とは!
高周波による熱と、電気分解で生じるアルカリ性水溶液のダブルパンチで毛根を強力に処理する脱毛手法であり、極めて高い効果を持つと言われる一方で、1本あたりに要する時間が長く、痛みが強いというデメリットがある。

スタッフ:
「スーパー脱毛は高周波だけで毛根を熱処理しますので、1本あたりの時間が短くて済みます。その分、痛みの負担が軽いんですよ」

ブレンド法の方が効果は強力で確実と言われていますが、痛すぎて完走できなければ絵に描いた餅。
実際、筆者も以前はそれで脱走して成果はほぼゼロでした。
とにかく最後まで続けて一定以上の施術成果を得るという意味では、このメンズTBCのやり方の方が理にかなっています。

機材も研究改良を重ねているので、最新型のものは当然効果が高くて痛みも軽いとのこと。

⑥クールダウン

熱処理のため、肌は軽く火照りを感じます。
ベッドに寝たまま冷却剤を塗ってもらい、10分くらい冷やしましょう。
気持ちよくてそのまま寝てしまいそうになりました…。

⑦カウンセリング(2)

カウンセリング室へ戻り鏡を見ると、施術した範囲がツルツルになっているのが分かります。
ヒゲが根こそぎ消失しているため、シェーバーで剃ったのとは違って青みもありません。
(写真は少し下に載っています)

また医療レーザー脱毛だと焼け残ったヒゲがブツブツと小汚く見えるのですが、それがなくこの時点で既にキレイになっているのを見て筆者も思わずニッコリ。
この実感の差は非常に大きいですね。

こうして説明や施術を受けて納得したところで、実際に申し込むかどうかの相談へと進んでいきます。
料金については後述。

継続して通う気になったら、プランを決めて申し込みです。

⑧帰宅後

当日は代謝が上がるようなことは避けるよう言われます。
激しい運動、飲酒と入浴ですね。シャワーはOK。
後は肌の保湿に気をつけるくらいで、特に大きな制約はありません。

初回なので説明込みで2時間くらいかかりました。
次からはカウンセリングがなく、施術のみでチャキチャキ終わります。

脱モウ先生装飾

施術当日~2週間の経過写真

・施術前

・施術後

並べてみます。

口角の周りが綺麗になって、若干赤みを帯びているのが分かります。
医療レーザーだと焼け残ったヒゲが青黒く見えるのですが、根こそぎ処理するので仕上がりがキレイ。

・施術から7日後

施術した口角の周りはしばらくツルツルです。
この後もう何日かすると、毛周期の関係で別の毛穴から新しい毛が生えてきます。

・施術から20日後

せっかくキレイになった口角でしたが、またチョロチョロとヒゲが生えてきています。
施術した毛穴からはもう生えてきませんが、休眠していた別の毛穴が活動を始めた状態です。

ここで2回めの施術をすると、今見えている毛穴が処理されて生えてこなくなります。
そのサイクルを繰り返し、少しずつ毛穴の総数を減らしていくことが必要ですから、一回の施術ではヒゲはなくならない…というわけです。

脱モウ先生装飾

料金のしくみ

(処理したい毛の数)×(単価)で料金を計算する

スーパー脱毛の料金は独特な計算方法な上に参照する情報が多く、初見の人が口頭説明だけで理解するのは結構厳しいものがあります。
ぜひ、軽く予習を済ませて心づもりをしてからお店へ行ってください。

計算はまず「脱毛したい部位の面積」と、どのくらいまで毛を減らしたいかという「減毛レベル」をもとに、カウンセラーがおよその処理本数を弾き出します。
これは毛の生え方によって個人差があるため、経験のあるカウンセラーが写真を元に目視でカウントする”職人芸”だそうです。

筆者の毛の量を元に、作成していただいたシミュレーションからの抜粋です。
縦軸に希望部位の記載があり、横軸は期待する減毛レベル。
中央の曲線は毛の減り方を視覚的にイメージしたグラフになります。

例えば、「ハナ下~アゴ」にかけてのヒゲを45%程度除去するには、延べ1500本くらいの毛を処理する必要がある、という風に読みます。(※毛の本数や範囲には個人差があります)

はて、45%除去するとはどういう意味でしょうか?
下の「効果の目安」欄を見ると、「見た目にも変化が出て、青みやカミソリ負けによる肌の変化が実感できるライン」と書かれています。

完全ツルツルではないが、鏡を見たときに変化が実感できて楽しくなり、日々の手間が大幅に減るという、脱毛で目指すべきひとつの区切りですね。

で、この1,500本に対し、1本あたりいくらという単価をかけて費用総額を出していくわけです。
例えば1,500本×@60円だと90,000円。

お金を払って1,500本分のカウントをチャージし、それを自由なペースで消化するイメージは、Suicaのようなプリペイドカードにチャージして少しずつ買い物していくのと似ていますね。

オーダーメイドの幅が広く、値段はピンキリ

単価の決め方には色々なルールがあり、

・会員割引
・ボリュームに応じた割引
・使う機材のグレードによる変動

といった要素が加わります。

毛の量と目標には個人差が大きく、全員フルオーダーメイドです。
振れ幅が非常に広く一概にいくらと言えないので、会社としても宣伝に苦労している様子。
高く表示したらお客さんが来てくれないし、安く宣伝しすぎるとそれ以上の見積もりが出た時にビックリされますからね。

ある程度はスタッフにお任せで叩き台を作ってもらうことになると思いますが、ハイハイと良い返事ばかりしていると見積もりが膨らんでいくので、自分にとって必須な内容・そうでもない内容・不要なサービスは、ハッキリ区別して考えましょう。
限られた予算で全てを満たすことはできないという点では、不動産探しと似ています。

脱毛は長期で通うことになるため、基本的には分割での支払いを勧められました。
「お金を貯めてから一括で払った方が安く済むでしょ」という人も結構見かけますが、脱毛に関しては分割手数料を払ってでも、効果を早く手に入れた方がいいです。
1日早く施術すれば1日早くキレイになって、ヒゲ剃りの手間がなくなりますからね。

目先の物欲に負けてカードローンで衝動買いするのとは訳が違い、確実にリターンのある自己投資ですから、多少の分割手数料よりも、待ち時間の機会損失の方がダメージ大きいですよ。

脱モウ先生装飾

脱毛歴13年の経験者から見た、総合的な感想

久々にエステで脱毛してみたら、予想外に内容が良くなっていた

筆者は過去のトラウマ(ブレンド式の電気脱毛の激痛)によって、エステの脱毛商品にあまりいい印象を持っていませんでした。
しかし技術の進歩は速いもので、何年も経つと別世界ですね。

まず、大して痛くない。
痛いことは痛いけど、レーザー脱毛より軽い程度で、余裕で耐えられる。

次に、セールスの圧がマイルド。
昔あったような「逃がさないぞ」という圧は感じられず、ヒアリング主体の穏やかな接客マニュアルにシフトしています。
むしろ、クレームにならないよう細かく神経を使いすぎなくらいに思えました。

これは数年前に強引なセールスに対して行政処分が下り、再発防止に取り組んだ経験があってこそでしょう。
批判を受けて体質改善を進め、うまくサービス向上することができたというわけです。

総じて、思ってたより全然良かった、満足したというのが今回の感想です。

医療レーザーとは一長一短、自分が何を重視するか考えよう

もちろん気になった点もあります。

それはズバリ値段。
最終的に医療レーザーと同じだけの効果を得ようとすると、倍以上は費用がかかる印象でした。

衛生上、プローブは使い切りのためコストがかかります。
また人材育成にもかなり手間を掛けていますし、アクセスのいい場所に大型店舗を構えていて、これらの品質が価格へ乗っかってくるのは仕方ないとは言え、あれこれ欲張ると際限なく予算がかかるので悩ましい。

ただし医療レーザーと最終的な成果が同じだとしても、その過程には大きな違いがあるので、メリットをいかした使い分けが肝心です。

繰り返しますが、メンズTBCと病院どちらでも、最終的にはツルツルにできます。
あなたがどういう付加価値を重視するかによって、叩くべき門が変わってくるわけです。

メンズTBCに向いているのは、ヒゲのように比較的狭い面積を、すぐ綺麗にしたいケースです。
ここぞという時のピンポイント起用ですね。

例えばイベントなど期日があって、人前に出る、写真を撮られる、裸になる、といった事情から特定の露出部位をすぐに脱毛したいと考えているなら、間違いなく美容電気脱毛が有利。
逆に、脚など露出をカバーできる範囲を広くまんべんなく処理するのには向いていません。

医療レーザーは焼け残りが毛穴から排出されるまで10日程度かかり、毛嚢炎(ニキビのようなもの)もできやすく、最終的には綺麗になりますが一時的に見た目が悪化するという弱点があります。

筆者の場合、病院でレーザーを浴びてから1週間くらいはマスクをして顔の汚さを隠しながら仕事していましたが、その手間がないのは大きなメリットと言えるでしょう。

一方、広い範囲を処理したい、長期通院してもいいから1円でも安く済ませたい、という希望なら、病院でレーザーを浴びるほうが効率的と思われます。

理想を言えば、両者の使い分けができるといいですね。
鼻下や口の周辺など狭くて目立つ部位はメンズTBCで、アゴの下など広くてあまり目立たないところは病院で、といった具合にできれば申し分なし。

先延ばしにせずすぐ予約するのが脱毛成功のコツ

脱毛歴10年を超える者としてアドバイスですが、ちょっとでも脱毛に興味を持ったらすぐ行動すべきです。

理由は主に2つ。

・混んでて予約が取りにくいから
・1日早く行動すれば、1日早くキレイになれるから

脱毛はここ数年で市場規模が急激に膨れ上がっています。
筆者が初めて永久脱毛にチャレンジした2006年頃は、まず施術を受けられる場所を見つけるのが大変でした。
当時は青森県に住んでいたのですが、隣の岩手県まで遠征して脱毛してましたからね。

その頃は「脱毛=深刻なコンプレックスを解消するための『治療』」で、隠れてこっそりやるイメージでした。
それが今ではすっかり様変わりして、「オシャレの一環」「手間や時間を削減するための自己投資」「マナーとして当たり前」といった意識のユーザーさんが多いようです。
脱毛しているのはもう珍しくないし、公言する人も増えていますよね。

今も右肩上がりで希望者が増えているだけに、予約も常に混んでいます。
ちょっと保留して数日後に見たら希望日が埋まっていた…ということもよくありますので、あれこれ悩む前に予約して体験して、そこからゆっくり考えても遅くありません。

どれだけ色んなサイトを熟読しても、「あなたの場合」のことは書いてないのです。
自分のことは自分でお店に行って確かめるしかありません。

悩みたいなら、まず1,000円で体験コース受けてから悩め!
別に死ぬわけじゃない!

これが筆者からのアドバイスです。
親切に予約フォームへのリンクを貼っておきますので、今すぐ予約してしまいましょう。
1日早く行動すれば、1日早く結果が手に入りますよ。

というわけで、まずは永久脱毛を1000円で試す!

初回限定、1000円で150本の永久脱毛を体験できるコースに行ってみましょう。

・痛みはどれくらいなのか?
・本当にキレイになるのか?
・接客、衛生、勧誘などの口コミはあてになるのか?

などなど・・・

調べれば調べるほど色んな疑問や不安が増えていくと思いますが、迷ったら最後は自分の目で確かめるしかありません。
脱毛経験者は誰もが通った道です。

あれこれ比較したり悩んだりするのは、体験してからでも遅くありません。
1日早く申し込めば1日早くなりたい自分に近づけます。
モタモタしてると一生今のままですよ?

当サイトは、そんなクヨクヨ悩んでいるあなたを応援します!(だって編集部のスタッフも以前はみんな同じだったから)

メンズTBCの公式サイトから体験コースを予約して、施術のご感想、ぜひ聞かせてくださいね!

MEN'S TBC 1000円コースの詳細

ここまでお読みいただきありがとうございました。
教えて脱モウ先生!編集部より。

pagetop PC
pagetop SP